interview about “Pain” from Magazine



Glamcult Magazine 2018
Hello Tokyo! As it is the theme of this issue, “Pain”, how would you define it? And would you say pain is a feeling you canalize/evoke somehow through your work? And how?

A: I see pain as a kind of experience. Instead of describing pain in terms of greatness, I divide them into layers. My hope is for pain to disappear, so I look into a specific layer of pain and by its information subjectively and objectively, then make a plan and execute it. That is how I create. My works are all about how to control pain.

2. Would you say that pain, in whatever form has been, has somehow mediated some of your professional achievements? How about the personal ones?

A: Yes, I would say that by putting out my layers of pain with my works I get to question myself and eventually accept myself, which makes me stronger and calmer as a person.

3. What are the main narratives you embrace through your work? And what would you say are the components of Tokyo Rumando’s aesthetic?

A: I am not sure about that. I have the slogan "I'm only happy when I'm naked' for myself and it is like a prayer I do everyday.

4. When and how is it born the fascination for self-portraits in different love hotels?

A: From the 1970s to late 1990s, countless number of "love hotels" were built for people to have sex. I think it could be considered as an unique culture of Japan. My "Rest 3000~ Stay 5000~" series focused on photographing these love hotels. There are all sorts of different settings in the love hotels. Some have beds that can rotate; some are completely covered with mirrors, some have disco lights; some for BDSM; some are mixed with western and eastern styles with strange decorating objects or funny devices - people have sex in these amusement park-like places filled with interesting ideas. Not only common couples but people in affairs, call girls, travelers, male couples, female couples, elderlies or people who would like to do gang bang would go to these places. I wanted to play with these different roles openly with desire with this unique Japanese background. Many love hotels are dilapidated nowadays and are being taken down or renovated, so most of them do not look the same anymore.


5. Do you work sometimes in collaboration? Or is the creative process done mostly by you?

A: Sometimes I do. I've done collaborations with other photographers, as well as doing a performance for a French shoemaker wearing the shoes they made. There is nothing fixed for these collaborations - we shoot freely and playfully.

6. What’s behind the darkness and melancholy that characterize your imagery? And where do we find light?

A: My work may seem very personal as I am mostly the only individual that is being photographed, but the darkness and melancholy in my imagery can be applied to everyone, including myself. For "Rest 3000~ Stay 5000~", the works also represented male's subjective way of seeing. For "Orphee", the viewers are the ones who would need to face the darkness. It suggests people to think about how to look back into their past. I would be very happy if my work can help you to think about your own self.


7. In our current society where love and pain are emotions highly exploited, would you consider one or the other as either positive or negative? How so?

A: Love and pain are very much interconnected, in my opinion. Loving someone comes with physical and mental pain. If one is only being loved, it would feel too simple and boring, but if one feels too much pain, one will lose themselves. I think we need to train ourselves for more self-control or learn to transform pain into happiness.

8. As a rising talent, what is it you fear? And how do you overcome your fears?

A: There is really nothing to fear about. The world is big and life is short - if we think about that, there is really no time for us to be worried or scared about anything. I always push myself to think about ideas, so my brain is always occupied.


9. Is there anything that through your work you’d like to change in our current society to make it more amicable? And if so, what is it and how?

A: It is extremely difficult to let the public understand one's thoughts and feelings, but I would feel grateful as long as people who see my works get a certain kind of reflection or positive influence - e.g. Freedom, strength, passion, determination to make changes or ideas to create. Fighting with oneself instead of against others would make an open defiance against the society that is unfair.

Tokyo Rumando

[ MIRRORS-The Reflected Self ] Museum Rietberg Zurich, Switzerland MAY 16-SEP 22 2019

[ MIRRORS-The Reflected Self ]

Museum Rietberg Zurich, Switzerland
MAY 16-SEP 22 2019


This is the first time that an exhibition takes a global look at the cultural history of the mirror, stretching back thousands of years. In ancient Egypt, among the Maya of Mexico, in Japan, in Venice as well as in the world of modern art and movies−over the ages civilizations across the globe have produced and relied on mirrors, and ascribed to them varying meanings and powers. Based on 200 artworks from 95 museums and collections around the world, photographs and scenes from movies, this exhibition, for the first time, presents a comprehensive history of the mirror reaching back eight thousand years: mirror images and self-awareness, vanity, beauty, mysticism and magic, protection and defence, and today’s most fashionable mirror−the selfie.

This specially curated showcase has been co-conceived by ChristinMüller who has made a selection comprising pioneering works by Claude Cahun, Germaine Krull and Cindy Sherman amongst others. 5 works by Tokyo Rumando from her Orphée series (the original film by Cocteau will in fact also screen in the exhibit. . [Orphee 2014 series 00core+D1-D4] Courtesy by Artist and IBASHO Gallery


This photo shows an area of the exhibition with photos only of female photographers from the 1920s to the present day who have portrayed themselves. It is carefully staged self-reflection in the change between the eye of the photographer, the reflection in the mirror and the eye of the camera. The works of Florence Henri, Amalia Ulman, Claude Cahun, Helga Paris, Vivian Maier, Nan Goldin, LaToya Ruby Frazier, Nadia Mournier, Cindy Sherman, Zanele Muholi, Hannah Villiger, Marianne Brandt, Tokyo Rumando and Francesca Woodman provide insights into the studios the photographers, in their artistic practice, in the everyday life of family and work to the spheres of feelings, the inner life.







スイスで行われた鏡にまつわる展覧会に参加させていただきました!今回は美術館の長年ご勤務された館長さんの最後の展覧会との事で、是非お伺いしてご挨拶出来ればと思っておりましたが、タイミングが合わず行くことができませんでした。私は写真のセクションで参加させていただきました。他にも歴史的な鏡の展示や鏡に関係する映画やインスタレーション、彫刻などなど盛りだくさんの内容で開催された展覧会。
写真セクションではかなり素晴らしいビッグネームの方々とご一緒させていただき大変に光栄でございます。私の崇拝しますシンディーシャーマンさんとは2回目の共演。ヴィヴィアンメイヤーやナンゴールディンなどなど女性のアーティストは鏡を使ったイメージは必須項目であるかのように皆さんそれぞれ素晴らしいイメージを切り取っています。ほんとに素敵!!
Orphee もこの展覧会で2014年から15箇所以上の海を渡った色々な国で展覧会やArtFairに参加することが事が出来て幸せになれたと思います。

そして作品が私の元を離れて旅をしていき私の元に戻ってくるときに人間と同様に一回り大きく成長してきたように自信をつけて帰ってくる感じがします。私の子供の様な存在の作品達の成長をリアルタイムで感じられることが母の様に幸せな気持ちになります。そう、私はとても幸せな人間なんだと実感出来ます。展覧会を出来ると言う事は見えない苦労も努力も多いのですが本当に嬉しいです。

次の展覧会も相当楽しみです!ある意味で夢叶ってます!
Rumando

Benrido Collotype Atelier KYOTO Report

 

Benrido Collotype Atelier KYOTO Report

 

プロジェクト開始は 2019の6月からでした。

海外事業部の河内タカ氏に声をかけていただき、京都で100年以上の歴史を持つcollotype印刷を手がけている便利堂さんでのプロジェクトに参加することになりました。

collotypeは19世紀フランスで発明された伝統的な顔料プリント技法で現在大規模にcollotypeを展開しているところは世界的に希少で特にカラーのコロタイプは便利堂さんだけでしかない技術とのことで、絶滅危惧種レベルの職人技です。

その技術の多くは国宝などの文化財の複製制作に活用されているといいます。顔料を使うことで得られる耐久性と優れた再現性、和紙への印刷による深みのある質感が特徴。一つ一つが手作業の伝統的職人技なのです。

 

Benrido collotype Atelier web site

 

2019-10-16 13.31.45.jpg

今回はタカ氏がおっしゃっていたように印刷プロセスを実際見ていただく事が重要とのことで、実際に京都の工房にお邪魔させていただき、体験し感じたことを自分の言葉でここに書ければいいなと思います。

 

2019-10-16 15.47.45-1.jpg

ネガ作り。複写用の大きなカメラ。壁の裏手が大きなファインダーになっている。4色のフィルターを使ってネガの濃淡を出していく。出来上がるネガはモノクロのネガ。

 

2019-10-16 15.41.11-1.jpg

カメラ内部。ピント合わせ。フィルムはバキュームで吸い密着させる。なるほどぉぉ。

 

2019-10-16 14.53.38.jpg

製版の現場。こちらがネガ。完成作品と同じ原寸でネガが作られる。現代はデジタル入稿であるためレタッチはPC上で可能ですが昔はネガに直接レタッチ(鉛筆)して濃淡の調整をしていたといいます。

 

2019-10-16 14.57.16-1.jpg

赤色用のコロタイプで印刷し紙にインクが乗った様子。ここで色の調子を見ながらネガを修正、補正していく。勉強になるなぁ。

 

2019-10-16 15.10.44.jpg

紙とインクの出力サンプル。たくさんある。国宝級の書物や絵、浮世絵などを複製する事が中心であるため現代の色味や風合いとは違う色の調合でしかでない色もある。この調合は職人さんのキャリアの賜物でしか通用しないテクニックですよね。すごいなぁ、しみじみ。。。

 

 

2019-10-16 15.16.34-1.jpg

刷版の現場。感光材とゼラチンを混ぜた液を塗ったガラス板とネガを密着露光しゼラチンに焼き付けする。(紫外線露光)

collotypeの語源は『コロ』はゼラチン、コラーゲンの意味を持つ。

 

2019-10-16 15.19.14.jpg

密着露光で転写中。

この機械は下面がガラスで露光の時にこのように機械ごと回転させガラスを上部に向けて露光します。この時にはネガがゼラチン板の上に乗ってる状態になります。ふむふむ。

 

2019-10-16 15.20.36-1.jpg

ガラス板に転写されたイメージ。うわぁぁ。。転写されてる。この刷版を水洗いして余分なゼラチン部分を落として乾燥機にかける。

 

2019-10-16 15.24.48-1.jpg    こちらが乾燥機。

 

2019-10-16 14.25.58.jpg

印刷現場。30年以上のキャリアを持つMaster Printerの山本さん。ゼラチン板に水をつけてゼラチンをふやかしていく、ここ神秘的!露光したゼラチン板にはネガの濃淡が凸凹で表現されているというのです。シャドー部は深い谷、ハイライト部は浅い谷となりその溝にインクが入ってイメージが表現されるとのこと。

なので印刷物は拡大ルーペで見ると網点ではなく、これ見た人しかわからないけれど、宇宙のような銀河のような光り輝く繊細で美しいテクスチャーなのです!!! 本当に美しい!

 

2019-10-16 14.27.43-1.jpg

印刷シーンは現在新作を刷っていらっしゃったので、ちょと割愛しますね、

 

2019-10-17 11.56.43-1.jpg

インクを練る場所。インクと油を混ぜながら濃度を調整していく。

 

2019-10-17 12.00.51.jpg

 

2019-10-17 12.00.44-1.jpg

インクはコロタイプ用の特注。

 

2019-10-17 11.59.20.jpg

機械は全部で4台

 

2019-10-16 14.31.40.jpg

こちらの機械が一番大きな印刷ができる『ダックス/DAX』世界に一つ、稼働しているのは便利堂さんだけ。

 

2019-10-16 14.33.30-1.jpg

ダックスで印刷されたThomas Demandoの作品。

 

2019-10-17 11.57.13-1.jpg

 

2019-10-17 22.44.25.jpg

今回私の頭上に吊り下げてありますコラージュ作品を担当してくださったオザキさん、20年選手のMaster Printerです。

本当にありがとうございました!

 

私の作品は今回モノクロではなくcolorのcollage作品(2014−2015制作)になります。A〜M の13枚の中から今回はA

とBを使用しました。

2019-10-16 16.16.34.jpg

和紙に印刷されているのですが、黒と緑の色の調和世界が美しい。なんか超不思議なんですが立体的に見えるんです、奥行き感半端ないというか、これは是非実物を見ていただきたいんですねぇ、はい。

2019-10-16 16.16.18.jpg

こちらは浮世絵とのミックスコラージュになります、オザキさん云く、こっちの方が色の出し方が難しく、特色を含めて8版使用したとのこと。CMYK+特色4色、これはあまりないケースらしく、浮世絵部分の色が特色でないと難しいとのことです。今回浮世絵と写真の異なるイメージの組み合わせも新しい挑戦になったとのことでした。

色の出し方、組み合わせ方、濃度は、これ本当に職人技が繰り広げられ、プリンターさんの得意とする部分やセンスに全てかかってくるという答えがあるようでない感覚の技であるんですね、なんだか驚くことばかりです。

 

2019-10-16 14.06.04-1.jpg

 

2019-10-16 14.00.57-1.jpg

 

2019-10-16 14.05.55-1.jpg

 

 

今回、本当に幸運にもこの世界的に貴重なコロタイプという伝統技法に出会い経験することができ上質の印刷物が完成し

大変光栄に思います。

 

私もcollotypeの名前は聞いたことがあったのですが、実物を見たこともなく、和紙に印刷した経験もありませんでしたので、最初はイメージが全く掴めない状態でした。私自身、プリントはGelatin Silver Barita printを自宅暗室で作るわけですが時代とともに印画紙の種類が減っていき、薬品等が使えなくなり、価格が高騰し、いろんな意味で印画紙の質感や色味や素材感を選択できない時代になりました、印画紙で遊ぶことや挑戦することのコスパがめっちゃ悪いわけです、萎えちゃうよね。そんな状況。

 

選択肢が少ない中で、プリントの質感をずっと悩んでいました。

もちろん展示+販売できるクオリティを提示しなければなりません。

安易にお手軽に作ったものでは、見る人が見ればすぐわかってしまうと思うんですよ。

蝋引きしてみたり、ビニールに転写してみたりとか、シルクスクリーンとか、こないだラムダプリントも挑戦してみましたが、なんか奥行きが薄かった、なんていうか軽かった、、とか。もうMediaごと変えちゃったりとか、悩んでいたわけです。質感。

そしてインスタレーションどまりかな、このクオリティだと、、という感じでした。

そのときに本当にいいタイミングでコロタイプのお話をいただき、興味津々でした。

 

新しい何かに出会う時のこの心が躍ること、心の高鳴りは、人生において本当に貴重です。

私の超リスペクトするREI KAWAKUBOの言葉にもありますが

「すでに見たものではなく、すでに繰り返されたことではなく、新しく発見すること、前に向かっていること、自由で心躍ること」

この言葉に少し近づいた気がしてとても満足しています。

声をかけてくださった河内タカさん、便利堂の職人の皆さん、本当にどうもありがとうございました!

このプリントは今年のPARIS PHOTO2019でリリースされます!

 

 

2019-10-17 19.44.34.jpg

 

ブログ見てくださった皆様、どもありがとう!長くなってすみいません。

 

Tokyo Rumando

 

 

UNSEEN AMSTERDAM 2019

 

ご無沙汰しております。今年は2回目の出展になりますオランダはアムステルダムで開催されますUNSEEN AMSTERDAM 2019へ行ってまいりました。オランダ大好きです。だってチーズ大国です。あとDJ大国でもあります。そして運河の街であります。町中を巡っている川はとても綺麗です。反射率が高いと思う、なぜなんだろう。

 

2019-09-17 12.00.14.jpg

KLMのBlueはパッとしてていいよね。KLMは成田からの直行しかないので成田空港使用。

 

iPhoneImage.png

空港内部がシンプルで分かりやすくて楽。

 

2019-09-16 11.25.16.jpg

新作、未発表作品が出展規則のcontemporary寄りのfoto fair。Unseenだけにその名の通り。

 

2019-09-19 19.24.33 HDR-1.jpg

左手に見えますのが展示会場の元はガス工場跡地でございます。Westergasfabriek 円形の建物。ガスタンクなのかな。

この他に、別会場でpublisher booth やいくつもの写真イベントやトークショー、個展が開催されている建物があって

フェア全体がwesterparkという公園で開催されています。

 

2019-09-19 13.02.52.jpg

今年もBelugiumはAntwerpにありますIBASHO Galleryより出展しています。

IBASHOは前回お伝えしたJapanmuseum SeeiboldHuisでの展覧会のcurationや皆さんご存知のKyotography、IMAの

portfolioreviewerや数多くのfotofairに参加し去年はParis Photo,多分今年は公式ブースで出展したりと若いギャラリーではありますが精力的にJapanese Photographyを打ち出しているGalleryであります。いつもお世話になっております。

 

手前のSの文字になっているのがTokyo Rumando "S" series です。

この裏手はこんな感じ。

2019-09-19 19.13.03.jpg

2018 ZenfotoGalleryで個展”S”を行いましたが、その延長で”Story of S”という続き物を作っています。

まだ進行中ですが、その一部でGRID seriesを今回出展致しました。Video Workも今回はモニター2個使うことができました。

理想は26個使用して26人のキャラクターを展示したいんですが、まあ大変ですよね、考えただけで。。

Videoは”Sense of sight to connect from Tokyo”というTitelでtokyoから視覚を繋ぐというperformance Videoに仕上げています。tokyoから香港、paris, イギリスは入ってなかったかな、海外遠征に行った時に何か出来ないかなということで2014くらいからコツコツ作っているvideoになります、それと”Disco Red Dress” StopMotionVideoの2作品を展示しました。

 

 

2019-09-19 16.11.48.jpg2019-09-19 16.12.04.jpg

 

基本的にフェアはヨーロッパのartistさん達が多いのですが、IBASHO以外で日本のギャラリーも出展しています。

同会場内でTomo KosugaさんとYusuke Yamataniさんにばったり。Tomo Kosugaさんは深瀬昌久氏のアーカイブスをされていて

Tateで展覧会した時もご一緒させていただきました、londonの中華屋でわちゃわちゃ飲んだ記憶あります、それとPARIS PHOTOとかでばったり会ったり海外でよくお会いします。

YamataniさんはYuka Tsuruno Galleryから出展されていて今回は会期中に現在ツアー中のドラムパフォーマンスをされるとのことでした。同じperformance Artistとして何か通じる感じがしますよね、って話したところです。

 

TomoさんのYOU TUBE channelでUnseenのReportもされていますので是非チェックして見てくださいね!

 

会場の様子はこんな感じです。

2019-09-21 16.29.51.jpg2019-09-21 16.33.45.jpg2019-09-21 16.32.04.jpg2019-09-21 16.31.10.jpg2019-09-21 16.30.18-1.jpg2019-09-21 16.30.02.jpg

 

 

Foam美術館でブラッサイ展を開催していました。Benridoの河内タカ氏と行ってまいりました。Foam初めて!

2019-09-18 17.13.05.jpg

 

2019-09-18 16.35.47.jpg

 

2019-09-18 16.55.18.jpg

 

2019-09-18 16.34.32.jpg

 

2019-09-19 00.56.43.jpg

 

 

[ Japans Naakt ] Japanmuseum SieboldHuis RAIDEN, Natherland 15 MAR -8 SEP 2019

 

[ Japans Naakt  / Japanese nudes] ←LINK
Japanmuseum SieboldHuis RAIDEN, Natherland
15 MAR -8 SEP 2019

 

IBASHO Gallery (Antwerp)のAnnemarie zethof and martijin van pietersonによるCurationで開催された展覧会。

19世紀の古写真、20世紀前半の造形的写真、第二次大戦直後の社会写実写真、60年代、70年代の試作的写真、現代写真、井津健郎、深瀬昌久、細江英公、森山大道、中山岩太、鷹野隆大、野村佐起子、など錚々たる写真家20名の作品です。

この錚々たるメンバーの中にtokyo rumandoも”Rest3000- Stay5000-”seriesでincludedさせていただきました!

18000人以上の来場者があったとの情報があり展覧会は大盛況だったようです。

オランダにはこの期間内には伺えずとても残念でしたが、素敵なお写真をいただくことができましたので、ここに載せたいと思います。

そしてFUJIFILMによる素晴らしいExhibition Catarogも同時期に出版されています。もし購入のご希望がございましたら、IBASHO Galleryにお問い合わせください。



 








 





 

 

Youtube にFujiFilm europeの素晴らしい動画がUPされております。

 

2019-10-20 16.49.47.jpg

 

2019-10-20 16.50.14.jpg

 

2019-10-20 16.50.36.jpg

 

2019-10-20 16.56.48.jpg

 

2019-10-20 16.57.15.jpg

 

2019-10-20 16.58.58-1.jpg

 

2019-10-20 17.00.21-1.jpg

 

2019-10-20 16.59.47.jpg

 

2019-10-20 17.01.27.jpg

 

2019-10-20 17.01.42-1.jpg

 

2019-10-20 16.56.18.jpg

 

2019-10-20 16.55.44-1.jpg

 

2019-10-20 16.54.04.jpg

 

2019-10-20 16.52.34.jpg

 

2019-10-20 17.01.06-1.jpg

 

2019-10-20 17.00.49-1.jpg

 

 

REVANS & RED LIPSTICK JAPANESE PHOTOGRAPHY SINCE 1945

 

『REVANS & RED LIPSTICK JAPANESE PHOTOGRAPHY SINCE 1945』

 

Lena Fritsch’s Book coming!
Published from SEIGENSHA publishing (Japanese ver.)
Publishing from Thames & Hudson (Overseas edition)
it is currently accepting reservations!!

 

I am included in the interview as well. I am very much looking forward to it!

 

“Lena Fritsch” is Curator of Modern and Contemporary Art at the Ashmolean Museum, Oxford, where she works on exhibitions and displays of international art. Before joining the Ashmolean in 2017, she was Assistant Curator of International Art at Tate Modern.
A specialist in 20th and 21st century Japanese art and photography, and an experienced translator of the language, she has contributed to a number of exhibitions featuring Japanese art.

 

 

Thames & Hudsonと青幻舎より刊行された『日本写真史1945-2017』にTokyo Rumandoのinterviewが掲載されております。

 

著者は日本に造詣が深いイギリス在住のcurator、Lena Fritschです。

約70名・200余点の写真が掲載されており、戦後から時代を追って紹介していく本書は、日本の写真界を概説する資料として、国内外問わず貴重な価値のある一冊といえるでしょう!(日本語版監修:飯沢耕太郎)

 

●インタビュー収録作家
荒木経惟/安齋重男/石内都/伊島薫/大森克己
川内倫子/川田喜久治/北井一夫/澤田知子
志賀理江子/柴田敏雄/須田一政/鷹野隆大
土田ヒロミ/Tokyo Rumando/長島有里枝
蜷川実花/野村佐紀子/畠山直哉/HIROMIX
細江英公/森村泰昌/森山大道/吉行耕平/米田知子

 

BUY here → Thames&Hudson or Amazon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。Tokyo Rumando です。平成最後の年月みなさんいかがお過ごしでしょうか。

エンペラーが変わるということは時代が変わるということで次の新しい時代に少し期待しているところです。

 

さて、2018は海外で美術館やART FAIRなど年間14回もの展覧会に参加させていただき、大変に光栄でありました。

私もどこをどうやってこれを切り抜けられたのかは今パッと思いつかないほどですが色んなやり取りをした大量の英語メールをいつか時間ができたら振り返りたいと思っております。

 

2019は去年の疲れもあり少しペースダウンと言いますか日常生活とのバランスをとりたいなと思いました。

写真を始めたのが2005からで2012頃から作品を発表し始めて展覧会や出版が多くなって写真だけに生活を集中していました。

30代のほとんどを写真に費やしてきました、アーティストとギャラリー、コレクター、キュレーター、アートフェア、ミュージアム、これらの関係性の中で生きていくことはそう簡単なことではないし華やかなだけではありません。そういった部分でも本当に色んなことを学び取る事ができました。そしてアートの世界でいままで通り生きていくことに疑問を感じました、このままでいいのかと。感じなくてはいけないと思いました、良い意味で。もう40になるので。この世界で作品を発表し続ける為にスタイルを変化させて行きたいと思いました。

40歳になる前にまた再び振り返る時期が来たのかなと思っています、女性として、一人の人間として自分の人生を強く生き抜くために必要なことはなんだろうと考える必要があります。

 

まず、私自身の欲望だらけの思考を自分でコントロールしなければならないと考えました。優先順位と問題点の洗い出しをしなければならないと。次から次にアイデアが浮かびますが、それを全て叶えるにはとても時間もないし労力もコスパも悪い、まず生活が成り立ちません、命を削ることになりかねない。自分の命を大切にしたいと思いました。もっと先の景色も見たいからです。

私は生まれてこのかた健康優良児の中肉中背の頭も普通より少し出来が悪いくらいで金持ちでも貧乏でもない普通の普通の中の人間です。まず、このことをより大切にしたいと思いました、普通でいること。普通の定義の話になると長くなるので割愛。一般で通用している普通ぽいというスタイルくらいに思ってください。

規則正しい生活、料理をすること、献立を考えること、部屋を作ること、図書館に行ってこの世の中には沢山の本がある事を知ること、自然の事を考える事、静かに過ごすこと、フラットな視点で物事を見ること、労働する事。表面がフラットになっていくと思考が整理されます、周りの様々なことによって自分がブレなくなる気がしています。次の新作を作るためには今の生活スタイルをキープしていくことが本当に重要です、集中しなければならない。

誰とも戦わないし、自分の道を走り続けるだけです。静かな生活の中で私の中の26のキャラクターがどう変化していくかを自分自身で見守っていきたいのです。

 

 

Interview with PHOTOGRAPHY IS ART Magazine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PHOTOGRAPHY IS ART MAGAZINE (HONG KONG)

 

 

 

 

 

EXPOLAROIDID / PARIS

 

 

 

 

 

Exhibition DATA

 

" POLAROID, RECITS DE L'INTIME "

16-MAR- 

Galerie 8co119 (Paris)

 

EXPOLAROIDO

 

 

 

New Work [S] Design Note by IntermediArt English Ver.

 

Hello! Hello!

My New work [S] published march 2018

It's the third collaboration with BookDesigner and Director|Amanda Ling-Ning Lo.

This design note describes the various circumstance from the first series to the new series. 

please do watch it once. everything is packed!

 

Design Note / Tokyo Rumando 'S'

 

review and interview

 

"Mirrors the Reflected the Self" MUSEUM Rietberg Zurich report

"Mirrors the Reflected the self"  MUSEUM Rietberg Zurich report

 

Elephant Art (UK) Reflecting the Self: Mirrors in Contemporary Art

 

Featured in Le Monde Paris  Autur Walther collection

 

Paris Photo 2018 Tokyo Rumando performance info

 

AnOther Magazine  The Emerging Japanese Female Photographers You Need to Know

 

AnOther Magazine "Ravence & Red Lipstick"

 

intimate structure 

 

Phillips auction (UK)

 

S reveiw by photobook collector

 

ElephantART (UK) about Double Method Exhibition in London

 

Art Scape  (JP)about Exhibition [S]  text by Japanese Photography critic KOTARO IIZAWA 

 

quotationmagazine(JP) about Exhibition [S] report

 

GLAMCULT Magazine (Amsterdam) interview talk about Pain

 

Fused Magazine (UK) interview

 

lens Magazin(NY) interview

 

Loose association by Photograper's Gallery (UK)